TOP > iPhoneの大型化とPCとの競合化について

iPhoneの大型化とPCとの競合化について

スマートフォンのパイオニアとしてiPhoneが2007年の登場してから約10年が経過しました。

現在はその性能も初期モデルと比べると大きく向上しました。

これは同社の開発部の努力の賜物である一方、ライバル社が「iPhoneに追いつけ追い越せ」という姿勢を維持した結果、開発部も大いに刺激を受けより良い製品を作ろうと行動した結果と言えます。
しかし製品における処理速度・使い易さという点ではiPhoneは優れていますが、逆に軽量化・ディスプレイの大型化という点ではライバル社が一歩リードしている状態が続いていました。



その結果、iPhoneも軽量・大型化の流れに逆らうことが出来ず、数年前にはこの潮流に合った製品が発売されました。


しかしiPhoneの発売元はスマートフォンnのみを手掛けているわけではありません。



特にノートPCや高品質の家庭・法人用PC、さらにはタブレット端末は発売元の売上に大きく貢献しています。

しかしスマートフォンを大型したために、特にノートPCとの競合化が起こり、自社製品同志で売上の取り合いが繰り広げられる事態となったいます。



加えて同社のタブレット端末人気に陰りが見え始めていることもあり、今後はタブレットとスマートフォンの売上割合をどのように調整するかという難しい課題も突き付けられています。

今年の9月にはスマートフォンの新製品が発表されると予想されますが、そのスペックによっては既存の商品の市場からの撤退も考えられます。