TOP > iPhoneが流行る理由とジョブズの意図

iPhoneが流行る理由とジョブズの意図

iPhoneは地球規模で愛用されているスマートフォンです。

既にいくつもの世代を重ねている由緒正しきスマートフォンでもあり、日本国内に上陸してから数年の月日が流れています。

新型が販売される時期になりますと、熱心なファンがアップルストアに行列を作ります。

まるで終わりが見えない行列が、毎年風物詩となっており、今では大勢の日本人がイベントのように楽しんでいます。



iPhoneは独自性に優れたスマートフォンであり、ライバル企業が製造する似たようなスマートフォンとは違い、Appleが自社開発したオリジナルのOS(基本ソフトウェア)が使われています。iPhoneの誕生に苦心した創業者のメンタリティが、AppleのOSには強く反映されています。

創業者のスティーブンジョブスは、iPhoneを誰にでも直感的に操作出来るデバイスにせよ、とスタッフに強く意識させました。
それまでのスマートフォンはパソコン同様に、IT関係の知識を持った人しか使えないような仕様だったため、一般ユーザーからすると、大変敷居が高い製品でした。スティーブンジョブスが追求した直感的な操作感とユーザビリティの徹底こそが、iPhone人気の根底にある理由です。
実際に今では、ITの知識に明るくない主婦や女子校生、高齢者が、説明書を読む事なく、直感的にアプリを操作しています。



既にパソコンユーザーの人口は減少に転じており、今後はより一層スマートフォンユーザーの人口増が見込まれています。